Play to Earn 仮想通貨

【初心者向けLetMeSpeak解説】有料NFT購入方法と手順まとめ

2022年6月1日

LetMeSpeak(レットミースピーク)は、英語を学習して仮想通貨が獲得できるアプリです。

無料キャラクターでも報酬が獲得できますが、有料のNFTアバターで学習すると、更に仮想通貨が稼げるようになります。

この記事では、有料NFTアバターの購入手順を紹介します。

【LetMeSpeak始め方】レットミースピークの特徴とやり方を徹底解説【最新版】

続きを見る

NFTキャラクター購入に必要なもの

NFTアバターを購入方法するには、5つが必要です。

  • 国内取引所口座(Binanceへ仮想通貨送金用)

  • Phantomウォレット(LetMeSpeakとの連携)

  • SOL(NFT購入時の手数料通貨)

  • Binanceの口座(USDC購入用)

  • USDC(NFT購入通貨)

Phantomをまだ作っていない方は、ウォレットを作成しましょう。

Phantom(ファントム)ウォレットの作り方はこちら↓

Phantom(ファントム)ウォレットの作り方。メタマスクとの違いは?

続きを見る

SOLの購入はFTX JPがおススメです。

FTX JPは、日本円でSOLが購入できる唯一の取引所です↓

【FTX JP口座開設方法】FTX JAPANが日本上陸。Liquid by FTXはFTX JPに統合へ

続きを見る

NFT購入までの手順

NFT購入までの手順は、こちら。

  • BinanceでUSDCを購入

  • Phantomの送り先をバイナンスに登録する

  • USDCをPhantomに送金する

  • マーケットプレイスでNFTを購入する

この記事では、NFT購入の際に必要なUSDCを購入するステップから、紹介します。

USDCを購入する

NFTキャラクターの購入通貨は、USDコイン(USDC)です。

USDCは、米ドルと連動している、ステーブルコイン(ある通貨と価格が連動している暗号資産)です。

USDCは、国内取引所で購入できないため、海外取引所のバイナンスを利用します。

USDC購入のため、今回はビットコイン(BTC)を、バイナンスに送金しました。

USDC購入のための通貨は、ETHなど他の暗号通貨でも、問題ありません。

コインチェックでのBTCの購入方法こちら↓

【超初心者向け】コインチェックでビットコインを買う方法

続きを見る

コインチェックからバイナンスへのBTCの送金方法はこちら↓

【コインチェックからバイナンスへ】ビットコイン送金方法

続きを見る

仮想通貨がバイナンスに入金された後からのステップを、紹介します。

マイページをクリック。

【フィアットと現物】をクリック。

今回は、BTCを入金しましたが、ETHなど他の通貨でも、問題ありません。

ウォレットにあるBTCから、【コンバート】をクリック。

振替先の通貨を、USDCにして、換金をします。

今回は、USDCの金額を185にしました。

185USDCが、反映されています。

コンバート完了です。

Phantomの送り先を登録する

仮想通貨を出金する時は、まずは送り先を登録する必要があります。

Phantomの送り先を、バイナンスのアドレス帳に登録します。

USDCの【出金】をクリック。

Phantomへの送金は初めてなので、まずは出金先を登録します。

アドレスの右にあるマークをクリック。

【出金アドレスに追加】をクリック。

【アドレスを追加】をクリック。

ここで、バイナンスのページは一旦そのままにし、Phantomウォレットを立ち上げます。

Phantomで送金アドレスを確認する

送り先を新規登録するために、Phantomのアドレスを確認します。

【入金】をクリック。

入金通貨は、USDCを選択。

入金アドレスが表示されます。

このアドレスをコピーして、貼り付けます。

Phantomでコピーしたアドレスを、【アドレス】に貼り付けます。

Phantomは、Solanaチェーンのウォレットなので、【ネットワーク】はSOLを選択。

【アドレスオリジナル】は、Phantomを選択。

ホワイトリストのチェックは、好きな方を選択してください。

チェックを入れると、ホワイトアドレスに登録されているアドレスにのみ出金できるようになります。

登録しているメールアドレスに、認証コードが届きます。

メール認証と電話番号認証コードを入力して、【提出】をクリック。

これで、Phantomが送り先に登録されました。

USDCを送金する

最後のステップ、USDCの送金です。

先ほど登録したアドレスを呼び出します。

Phantomを選択してクリック。

送金したい金額を入力します。

手数料は、1USDCです。

【出金】をクリック。

出金前のリスクを確認し、【承認】をクリック。

内容を再度確認し、【次へ】をクリック。

登録メールアドレスに、認証コードが届きます。

コードをコピーして、バイナンスの画面に戻ります。

電話番号にも認証コードを送信し、2つの認証コードを入力したら、【提出】をクリック。

出金リクエストが送信されました。

これで、送金手続き完了です。

Phatomのウォレットを確認してみましょう。

180USDCが着金され、Phantomに反映されています。

NFTキャラクターを購入

USDCが入金されたので、いよいよ、NFTキャラクターの購入です。

LetMeSpeakの公式ページへ行きます。

無料アカウントを作成している方は、【Log in】から、ログインします。

もし、無料アカウントも作っていない場合は、【Sing up】でアカウントを作成します。

NFTキャラクターを購入するため、まずはウォレットを連携します。

【Connect Wallet】をクリック。

今回は、Phantomを連携します。

パスワードを入力して【ロック解除】をクリック。

【接続】をクリック。

【Approve】をクリックし、連携を承認。

続いて、NFTキャラクターを購入します。

【Marketplace】へ行きます。

各項目をチェックしながら、NFTキャラクターを選んでいきます。

用語説明
talentポイントは、NFTキャラクター毎に設定され、学習を進めてもアップしません。

ポイントが高いほど、より多く稼ぐことができます。
rewards rateが高いと、より高い報酬を得ることができます。

talentが高いと、rewards Rateが10%加算されて、110%になっています。
毎日の稼げるLSTARの目安です。
levelは、1からスタート。

学習してエネルギーを消費すると、NFTキャラクターは経験値(XP)を獲得できます。

XPレベルが10になるごとに、ボーナスがもらえます。
NFTキャラクターが消費するエネルギーに対して得られるXPポイントの数を示します。

新しいXPレベルに早く到達したい場合は、学習速度の速いキャラクターを選択しましょう。
学びながら稼ぐには、LMSビザが必要です。

NFTキャラクターの有効期限のこと。

visa days leftは、ビザの有効期限の残りの日数を示してます。

visaは各キャラクターに付与され、初めてログインした際に有効になります。

visaの有効期限は、キャラクターのレアリティによって異なります。

最短のcommonは1ヶ月、最長のLegendaryは8ヶ月です。

visaは、追加料金で延長することができます。

visaの有効期限が切れても学習は可能ですが、報酬を受け取ることはできません。
同じレアリティのキャラクターが2体、新しいキャラクターを作成することができます。

STEPNで言うとMintです。

invitesには、LSTARトークンが必要です。

各キャラクターに発行できるinvites数に限りがあり、上限はキャラクターのレアリティによって異なります。

talentは学習しても成長しないので、NFT購入時には、高いものを購入する方が良さそうです。

visaが切れると報酬が得られないので、購入時にはvisaの有効期限に気をつけましょう。

NFT選び方のポイント

  • visaの有効期限が長いものを選ぶ

  • talentは初期値から変わらないので、高いものを選ぶ

学習すると、NFTキャラクターのスキルを上げることができます。

ゲーム内のgrammarパートの学習を重点的にすると、grammarのスキルがアップします。

スキルを成長させると、より多くの報酬を得ることができます。

購入したいキャラクターをクリックし、【Buy now】をクリック。

【Phantom】をクリック。

トランザクションの承認するまでは、【Buy now】をクリックしても購入は完了しません。

【承認】をクリック。

購入が完了しました。

NFTキャラクターを売却するときは、【List for sale】から行います。

アカウントを見てみると、購入したキャラクターが【Inventory】にいます。

キャラクターを使用してプレイするためには、キャラクターをアクティブにする必要があります。

【Pick a character】をクリック。

【Choose】をクリックし、キャラクターを選択します。

【Active Characters】に購入したNFTキャラクターが加わりました。

スマホアプリでキャラクター使用するには、一度アプリからログアウトします。

再ログインする際に、【Active Characters】にある有料アバターが選択できるようになります。

NFT購入方法まとめ

LetMeSpeakのNFTを購入する際に必要なものは、5点です。

  • 国内取引所口座

  • Phantomウォレットなど、Solanaチェーンのウォレット

  • 手数料用のSOL

  • 海外取引所口座

  • NFT購入のためのUSDC

手順が多いですよね。

初心者の方はこのリストを見るだけで、若干うんざりして挫けるかもしれません。

私は、ウンザリしました。

それでも、少しづつ慣れていきます。

NFTマーケット「NFT House」を運営するCoinOtakuの市場調査によると、NFTの購入経験がある人は、2.8%だそうです。

購入できただけで、イノベーターです!

時間のある時に国内取引所の口座開設から始めて、少しずつ新時代に慣れていきましょう。

ビギナーさんは、まずはコインチェックの口座からが、見栄えも手順も分かりやすいです。

コインチェック 公式サイト